高速道路の渋滞中に早く進める裏ワザ!

高速道路で渋滞にハマったら、まず、大型トラックを見つけたらその後ろについていきます。ついついトラックの後ろは前が見えづらくなるのでついよけてしまいますが、大型トラックは運転席が高く見晴らしがいいので流れている車線を見つけやすいのです。ですのでトラックについていくと流れが速くスムーズに走れます。

また、高速道路の料金所での渋滞でも有効です。最近はETCなので渋滞はあまりないですが、もし渋滞の場合は、トラックが流れの速い車線にいるというのもそうなのですが、もう一つ理由があって料金所を通過するときは1台ずつお金を払ってから発進します。普通乗用車だと距離に直すと5mぐらいしか進みませんが、大型トラックだと1回に流れる距離が10m以上も流れるのです。普通は乗用車が並んでいるところに並びがちですが、実はトラックの後ろが一番早いんです。