時差ぼけは睡眠リズム障害のひとつで、体内時計の進み具合と現地到着時間にずれが生じてうまく順応できなくなり、夜間の睡眠、日中の眠気、だるさ、集中力低下、食欲の低下などが出現します。

一般に日本とヨーロッパ諸国の時差は8時間、ニューヨーク13時間、ロス16時間です。

同 じ時差でも時間が逆行する方向に行く東回りの移動のほうが、西回りよりも順応が困難で、症状が強いそうです。人の体内時計の順応速度はほぼ1日に1~2時 間程度とされるので、時差16時間のロスで現地時間に慣れるのに要する時間は、早くて8日程度はかかるということです。

◆時差ぼけ対策方法
1.睡眠不足は時差ぼけを悪化させるので、旅行前から十分な睡眠をとる。
2.目的に夕方以降に着くように飛行機を選ぶ。
3.出発前に早めに目的地の時間に時計を合わせる。
4.目的地が夜なら機内では寝るようにし、昼なら起きるようにする。
5.機内での飲酒は脱水や睡眠の質を低下させるので、控えめにする。
6.到着したら、できるだけ現地時間に合わせて食事や睡眠をとる。
7.朝起床したら日光にあたるようにし、軽い運動をする。
8.夜間に眠れないときのために、メラトニンや短時間作用の睡眠薬を適宜服用する。