ゆうパックの料金は、荷物の大きさと集荷した場所から配達先までの距離によって計算されます。
例えば、2kg以内の荷物を市内に送る場合、510円となります。
この金額が最低料金です。
配達先が遠くなれば遠くなるほど、料金は高くなります。
しかし、全国どこへでも市内料金の510円で送る方法があります。
この方法は、あるサービスを応用しただけの簡単な方法です。
その方法をご紹介します。

1.荷物に付ける伝票を用意します。
 このとき、伝票には下記のように記入します。
 【依頼者の欄】
  住所・・・送り主の住所(会社などの方が無難)
  名前・・・送り主の名前
  電話番号・・・送り主の電話番号※1
 【受取人の欄】
  住所・・・送り主の自宅の住所
  名前・・・受取人の名前※2
  電話番号・・・送り主の電話番号※1
※電話番号は、自宅の番号と携帯電話の番号など、違う物にした方がいいと思います。
※受取人の名前を書くときは、「○○方」と

2.市内の郵便局に荷物を出します。
荷物を出すときは、日付指定や時間指定を利用して、自宅が不在になる時に配達されるようにします。

3.送り主の自宅荷物が配達されますが、不在なので、不在票がポストに入ります。

4.不在票に書かれている番号に電話します。
荷物を転送してもらうように頼みます。
転送先は、受取人の住所に指定します。
これで完了。
転送先の住所に荷物が届くのを待つだけです。
これはゆうパックのサービスである「無料転送サービス」を応用した物で、この方法を使えば、市内料金で全国どこへでも荷物を送ることができます。
※510円で出せるのは、2kgまでです。
荷物の重さが増えれば、料金も高くなります。