先ず。食器を洗う前に、スクレーパー・ボロ布・新聞紙などを使い、一通り汚れをざっと拭い取っておく。
これをやるとやらないとでは、洗剤の使用量・水の使用量が大幅に変わってきます。
ご飯粒が張り付いたお茶碗や炊飯器の内釜は、ぬるま湯に2,3分浸け置いてから洗う。
合成洗剤派なら、洗い桶を使う。洗い桶にぬるま湯を張って洗剤を入れ、洗い桶の中でスポンジを使って食器を洗ってそのまま浸けていく。そうやって、全部の食器を洗剤で洗ってから、最後に洗い桶から食器を取り出し、1点づつ流水で一気に濯ぐ。

水 を流しっぱなしで1点づつ洗って濯いでを繰り返すより、洗い桶を使った方が、圧倒的に水の使用量を減らせます。但し、先に上記の拭き取り作業を行わず、ベ タベタの食器を洗い桶の中に入れると、桶の中で汚れが他の食器に再汚染する場合がありますから、特に油物の食器はしっかり拭き取りしておくことが、大事な ポイントです。