無くなったと思った電池をこすったり、振ったりしているとその熱で僅かながら電池の元気が回復します。
電池で代用できる電化製品であれば、出来るだけ余った電池を使いましょう。