結婚式におきまりの「電報」。
これって意外と値段が高い。
種類にもよりますが、3000円程度かかってしまいます。
しかし、電報を使わなくても電報のようなメッセージを送ることができ、それも電報より個性が出せて、さらに安く出す方法があります。
それは「レタックス」を使う方法です。
私はいつもこれを使っています。
電報と言えば、無機質な文字な機械文字がダラダラと並ぶだけです。
しかしレタックスは、手書き原稿を送ることができるのです。
だから、みんなの寄せ書きやイラストなども付け加えて、個性が出せるのです。

レタックスは、差出局から配達局の間をFAXで送信し、手書き原稿などをそのまま送れると言うものです。
用紙はB4まで可能で、台紙付きで基本料金(送信料含む)は580円。
メロディ台紙などの種類もあり、最高額が1、700円(送信料含む)。
3日前までに差し出せば110円割引。
台紙の他に、配達局で印刷する際に使用する用紙も柄入りの紙を指定できます。
ぜひご利用してみてください。