郵便局の口座から、一般の銀行口座には、お金の振り込みができません。
逆に銀行から、郵便局の口座にも、お金は振り込めません。
ATMの相互利用は始まっているのに、振込はまったく垣根が崩れません。
特にインターネットバンキングをしている人であれば、自宅にいながら、どうしても郵便口座から銀行口座に送金したいときはあると思います。
でも方法はあります。
方法は、証券口座を経由させることにより、お金を送金させる方法です。

ただし、下準備が必要です。
1.ネット証券の口座を開設する。
 ※イートレード証券、カブドットコム証券、マネックス・ビーンズ証券など。
2.証券口座を作る際、出金先口座(振込先)をあらかじめ指定します。
3.郵便局を入金口座として登録を済ませる。

下準備ができたら、さっそく実行です。
1.ネット証券にログインをして、郵便口座から、証券口座に入金させる。
2.証券口座から、銀行口座に出金する。

これだけです。
基本的には、あらかじめ決められた流れないとできません。
上記の例であれば、郵便口座から銀行口座でしたが、もし逆に、銀行口座から郵便口座に送金したい場合は、下準備の際に、入金口座と出金口座の指定を逆にしておく必要があります。

ただし、証券会社によっては、手数料がかかります。
また、証券会社が提携している銀行口座をあらかじめ調べておく必要があります。
銀行によっては、証券会社と提携していないため、お金の入出金ができない銀行もあります。