【東海道新幹線、その1】
新幹線を毎回、いつでも、それも25%以上安く乗る方法があります。
これは誰でもできますし、正規の乗車券です。
例えば、東京-新大阪間であれば、通常13,750円かかります。
金券ショップに行ってもせいぜい1000円前後しか安くなっていないはずです。
しかし東京-大阪間を10,000円で買えてしまう方法があります。
それも前売りや特別な場所に行くわけでもなく、東京駅や新大阪駅で当日購入できます。
おまけにドリンクが1本無料でキオスクでもらえてしまうクーポン付。
方法は簡単です。
東京駅や新大阪駅構内にある「JR東海ツアーズ」を利用します。
ここは主にツアーを取り扱う会社なのですが、新幹線の乗車券も販売しているのです。
まず「JR東海ツアーズ」に行きます。
ここで普通に乗車券を販売しているカウンターには行かず、国内旅行を取り扱っているカウンターに行きます。
そこで「ぷらっとこだまで、東京から新大阪まで一枚っ!」と言えば取り扱ってくれます。
つまりツアー用の乗車券をバラ売りしてくれるのです。
もちろん片道だけでも販売してくれます。
この「JR東海ツアーズ」は主要な駅であればたいがいありますので、探してみましょう。

ただし次のようなデメリットもあります。
●こだま号の利用に限られる。
(東京-新大阪間であればひかり号よりプラス1時間ちょっとかかります)
●表示区間のみ有効。
例えば新大阪から東京までの切符を買った場合、通常の価格で買っていれば、東京駅で新幹線を降りても、山手線区間は無料で乗ることができますが、この切符では東京駅までしか行けません。

【東海道新幹線、その2】
東海道新幹線を少し安く乗る方法があります。
例えば、東京-新大阪間の指定席であれば、片道14,050円ですが、これが850円安くなって、13,200円で行けてしまいます。
この割引を使えば、普通に回数券を買った場合の1回あたりの価格より安く、また自由席の価格よりも安くなってしまう訳です。
さらには一年中いつでも割引適用されるのです。
方法は簡単で、まずは「JR東海エクスプレスカード」を手に入れ、そして、電話か携帯電話を使って、「エクスプレス予約」をするだけです。
この割引は東海道新幹線区間でしか利用できませんが、安くなるだけでなく、発券もとてもスピーディーなので、よく新幹線を利用される方は一度利用してみては?
http://jr-central.co.jp/service.nsf/doc/expresscard_menu

※カードの年会費1000円が別途かかります。

【東北・上越新幹線】
JR東日本でも、新幹線をお得に乗る方法があります。
それは、JR東日本が運営する「えきねっと」を有効に使う方法です。
このえきねっとは、インターネットで簡単に切符の予約ができるサイトですが、ここのサイトを利用し、普通に切符を購入するのではなく、このサイトにある「国内ツアー」のページに移動します。
国内ツアーで新幹線を乗れば格安になります。
例えば、東京-仙台間であれば、通常、片道 10,590円 (乗車券5,780円 特急券4,810円)がかかります。
しかし、えきねっとの国内ツアーであれば、往復の新幹線にさらに1泊が付いて、最安値で8500円から行けてしまうのです。
これであれば、国内ツアーで仙台まで行って、宿泊と帰りの新幹線をキャンセルし乗らなくても、通常で買うよりは安上がりで済んでしまう計算になります。
ただしこの国内ツアーは、時期によって価格に変動があるため、価格が一定ではありません。
つまり、時期をみて上手に利用すれば、かなりの節約ができるという訳です。
ぜひこれからはえきねっとを利用してみてください。
http://jreast.eki-net.com/

また下記サイトでは空席情報がリアルタイムにわかります。
http://www.jr.cyberstation.ne.jp/