目が悪くなくても、急いでいると針に糸がうまく通りません。
こんなときは、あせらずに黄色い紙を用意して下さい。
黄色い紙をバックにすると、針の穴が不思議なほどはっきり見えて、うまく行きます。
これは黄色に物を大きく見せる色彩効果があるためです。
単なる目の錯覚なのですが、知っていると便利です。
裁縫箱には、ぜひ黄色い紙を1枚入れておいて下さい。