足をそろえてゆっくり前に曲げます (自然にひざがくっ付く)
その状態で1,2,3,数えます。
そしてゆっくりと、起き上がる(立つ)その時、ひざが元に戻らないように我慢しながら、ちよっと、辛いけど頑張る。

これは、体の重心が後ろにきているためO脚になるらしいです。O脚でない人でも重心が、後ろの時は、ひざが開いているらしいです。
ひざを、前に曲げる事で重心が前にもってこれる。毎日の訓練でかなり改善できます。

常に重心を前に置く社交ダンスで、特にタンゴなどはもってこいです。社交ダンスのタンゴは常に両ひざを、くっ付け少しひざを曲げて踊りますので。