料理に使う卵はSサイズがお得な裏ワザ!

スーパーで売っている卵のサイズは、SサイズからLサイズなどがあり、卵の大きさに比例して値段が高くなりますが、実は黄身の大きさにそれほど大差はないって知ってました?
市販されている卵は、その大きさ(重さ)によってSSからLLまでの6種類に分けられています。サイズ別の重さは以下のようになりますが、

・SS 1個の重さ‐40g以上46g未満  ・S 1個の重さ‐46g以上52g未満
・MS 1個の重さ‐52g以上58g未満  ・M 1個の重さ‐58g以上64g未満
・L 1個の重さ‐64g以上70g未満  ・LL 1個の重さ‐70g以上76g未満

この基準だけを見ると、LLの方のが当然黄身も多く含まれているように感じますが、実はそれほどの違いはなく、MサイズとLサイズの卵の内容量を見比べてみても、
〔Lサイズ1個64g-Mサイズ1個58g=6g その黄身の量: Lサイズ18g-Mサイズ17g=1g 〕というデータもあるくらいで、実は大差はありません。

結論としては、黄身を使う料理のために卵を買うときはSサイズで十分!卵白や卵全体を使う料理をするときは大きめのサイズを買った方が良い。ということになります。