お風呂に入るということは、人間だったら当然のことですし、清潔できれいさっぱりとした体でいたいですよね。
お風呂を沸かすということはガス代が大幅にかかってしまいがちですよね。
入浴の際でのガス代節約方法というものはそんなに難しいことではありません。
ここでお風呂の際でのガス代の節約方法を私の調べている範囲でご紹介させていただきます。

・お風呂はみんなで家族一緒に入る。
追い炊きをしなくて済みますからガス代の節約になります。

・それがだめなら続けて入りましょう。
ちょっと忙しい話になるのですが、お湯が冷めてしまわないうちに続けてお風呂に入りましょう。

・入る直前にお湯を沸かしましょう。

・お風呂のふたはこまめに閉めましょう。
蓋を開けておくと、すぐにお湯の温度が下がってしまいますから、1人で入っているというときには洗い場にいるというときにも閉めておいた方がいいでしょう。

・ふたを占めて浴槽に入るようにしましょう。
こうすることによって、お湯が冷めにくくなりますから、長時間浸かっていても途中で追い炊きをするということが減少できてしまうのです。
なるべくふたはしておきましょう。

・節約お風呂グッズをフルに活用するようにしましょう。
私的にお勧めなのは、平成8年度省エネルギー会長賞の省エネグッズふろッキー(デラックス)をおすすめします。
2つの穴があいている浴槽に取り付ければお湯の循環を防いでくれて冷めにくくしてくれるのです。
1か月あたりに1500円~3000円くらいのガス代が節約できるというエコグッズなのです。
お風呂には家族みんなで入るということが、私的には1番だと思いました。
家族の円満にもつながれて、それで行って節約とエコに貢献されていくからです