東京ディズニーランド内に、「クラブ33」という隠しレストランがあります。
これは、クラブ33のメンバー会員のみが入店することが出来る、会員限定のレストランです。
店内では、ディズニーランド唯一のアルコールの出るお店でもあり、またその内装や食事、その他対応や、窓からの景色は、最大級の豪華さです。
このメンバーになるのは、基本的に一般の方では無理です。
メンバーは、オリエンタルランド株式会社の中でも特に選ばれた取引先や主要株主のみがメンバーになっています。
私たちが入店することができるとすれば、このメンバーの付きそうや
紹介としてしか入店することはできないでしょう。

今回は、この超限定のクラブ33に実際に入店した体験記と、その施設やメニューを大公開してしまいます。

【クラブ33の施設案内】
クラブ33の入り口は、東京ディズニーランドに入園し、ワールドバザールの十字路を左に曲がった、三井住友銀行ATMのある建物の手前にあります。
扉には、「33」とだけ書いてあり、普段は鍵がかかっています。
もちろん普通にドアを開けようとしても入ることはできません。
その禁断の扉を開くと、20畳ほどのエントランスラウンジがあります。
内装は、落ち着いたブラウンの装飾品で、シャンデリア。
専用のエレベーターがあり、それに乗り、2階に上がります。
2階は、ダイニングルームになっています。
ここで食事ができます。
2階の大部分をこのクラブ33が占領しています。
つまり、ワールドバザールの入り口から左側奥の2階は、クラブ33用になっているのです。
ちなみに、ワールドバザールの入り口から右側奥の2階は、「れすとらん北斎」が占有しています。
このれすとらん北斎もかなりの面積を占有していますが、イメージとしては、このれすとらん北斎に近い雰囲気があります。
れすとらん北斎は和風ですが、クラブ33はこの洋風版という感じです。
さて、話は戻りまして、クラブ33の2階に上がると、高級レストランのような感じになっています。
窓がいくつかあるのですが、そこから外を眺めると、シンデレラ城を中心に、園内を一望できる最高の眺望です。
クラブ33から、多少距離はありますが、パレードも花火も見てしまうことができてしまいます。

【クラブ33の食事メニュー】
食事は、ランチもしくはディナーコースとなっていますが、ドリンクだけでの入店も可能です。
今回はディナーコースのみしか体験していない都合上、ランチの報告はできません。
ディナーコースは、お一人様、6000円コース、8000円コース、10000コース、12000円コースがあります。
基本的に、アペタイザー、スープ、メイン(お肉かお魚)、デザート、ドリンクの品が出ます。
その他のアルコール類は別料金です。
アルコール類は、生ビールの他にも、ワインやカクテルなど、かなり豊富に取りそろえてあります。
生ビールは600円です。
ちなみに、バースデーコース(12000円)というのもあるのですが、このコースにすると、デザートが出てくる前に、キャストの方に別室に呼ばれ、そしてそこでミッキーと会えるのです。
ミッキーが一人だけのためにお祝いに駆けつけてくれます。
ミッキーとゆっくり時間をかけて記念撮影ができます。

【クラブ33のおみやげ&限定販売商品】
実はクラブ33内では、お土産を買うことが出来ます。
それもクラブ33限定のお土産が多いのです。
しかし、値段も超一流。
タオルなどのアメニティーグッズや、グラス・ティーカップ、時計などが取り揃えてあります。