まだ暑さが本格的ではない今から、汗をかくことが大事です。
汗をかいたらスグにはシャワーせずに扇風機やうちわで風をおこし、気化熱発生させてから、シャワーを浴びるように。熱中症対策に、少々の汗なら水を滴るような汗ならスポーツドリンクをこまめに飲んでください。

夏本番は、クーラーをたくさんかけますが、部屋の温度と外気温の差を3度以上つけないこと。汗をかいてもきちんと蒸発できるように、除湿にしておくのがいいです。
もし、職場などで設定をいじれない場合、首筋と足首だけは冷やさないように。できれば腹巻でお腹も冷やさないように注意しましょう。最近はシルクの薄い腹巻が売られていますのでお勧めです。関係ないようにも思いますが、お腹を冷やすというのは体の免疫機能などすべてを狂わす第一歩なんです。

夏は快眠がバテないコツです。
夜は寝室の温度を寝る30分前に下げ始め(ふとんや押入れも冷やします)ふとんに入ってから1~2時間で切れるように設定します。それから、扇風機は壁などに当ててはねかえった風が体にあたるようにセッティングして、2~3時間で切れるよう設定して休みます。
寝苦しくて目が覚めてしまったら、扇風機をかけて下さい。

飲み物に関して。
冷たい上に甘い炭酸飲料は夏バテするために飲むようなものです。どうしても冷たいものを飲みたい場合は、トマトジュースか野菜ジュースがおすすめです。体がヘタってるときには甘ずっぱく、元気なときは塩辛く感じるのでバロメーターとしても優れもの。(塩分が入ってる方がいいです、高血圧とかでなければ)

あと、ばててるときにこそ、豚食べて。(ウナギもね)ソーメンでも、かならずハムとかうなぎとかを刻んで薬味と共に食べて下さい。ビタミンB1をしっかりとって。炭水化物や甘いものの食べすぎは、夏バテのもとです!