tuyu梅雨に入るとジメジメしたり洗濯物が乾きにくかったりで嫌な時期ですね。
雨の日は洗濯物の室内干しをするかと思いますが、乾きが遅く結構臭いも気になります。

そんな梅雨の季節の部屋干し裏技を紹介します。

梅雨の日の部屋干しは、それだけで部屋に湿気が充満してしまい乾きが遅くなります。
こんな時は吸湿性に優れた新聞紙が役に立ちます。
洗濯物の下に敷くと、洗濯物の水分を吸ってくれます。さらに室内のジメジメも緩和できますのでとてもお勧めです。

洗濯物が多い場合は、新聞紙うぃクシャクシャにして敷き、さらに洗濯物と洗濯物の間に十分な空間をとって干して、扇風機やサーキュレーターで風を当てると乾きが早いです。
エアコンの除湿だと電気代が掛りますが、扇風機と新聞なら非常に節約になりますよ。

また、嫌な臭いがついた物はいくら洗っても臭いはとれないです。
その場合は除菌しましょう。
熱めのお湯に酵素系漂白剤を入れて漬け置き普通に洗濯してください。あと洗濯する時毎回酵素系漂白剤をいれて洗濯するのがいいです。