上手に秋刀魚(さんま)の塩焼きができる裏ワザ!
上手に秋刀魚(さんま)の塩焼きができる裏ワザ!
今が旬の、秋刀魚(サンマ)!
ちょうどこの時期、脂ののった最高に美味しいサンマが頂けます。“サンマといえば塩焼き”ですが(というより、それ しか知らないのですが)、この塩焼きが、皮が焼き網に焦げ付いてしまったり、しっぽが焦げて真っ黒になってしまったりと、案外難しいのです。でも大丈夫、 ちょっとひと手間かけると、上手に仕上がります。

1.先ず、サンマを流水で洗い、水気を拭き取ります。
2.上から強めに塩をふりかけ、10分~15分そのまま置きます。
3.浮いてきた水分を、再度拭き取ります。
4.しっぽにたっぷり塩を揉み込むか、アルミホイルを巻く(こうすると、しっぽの焦げを防げます)。
5.焼き網にのせ、強火で焼きます。

*よく、「焼き網を十分に熱してから焼く」と言われますが、網が熱いと、逆に皮がくっついてしまいますので、網は熱しない方が良いと思います。また、弱火で焼くと生臭くなるので、必ず強火で焼きましょう。また、焼き網に油を塗っておくのも効果的です。

次に、大根おろし、酢橘(スダチ)、醤油を添えて、と・・・さあ頂きましょう!