日本の旅館の心づけ(チップ)の裏情報!
日本の場合は、宿泊代金が「税・サービス料込」となっている場合が多いですが、「サービス料別」となっている場合もあります。「サービス料別」となっていたら、例えば「税込み宿泊代金2万円」と書いてある宿に泊まった場合には、チェックアウト時に1割程度のサービス料を上乗せした2万2千円程度請求されます。現金支払いでなく旅行会社手配などで事前に「宿泊クーポン券」を買っていても、そのクーポン券をよく見てください「サービス料別」となっていたら1割程度のサービス料金をチェックアウト時にフロントで請求されます。これは、部屋で仲居さんにチップを渡したと言っても請求されます。
このように、日本の場合は1割程度のサービス料を旅館として取っているのでチップは基本的に不要です。特に社員管理の厳しい宿では無断でチップを受け取ったことがバレると、その仲居さんなどは処分される厳しいところもありますから、仲居さんが強く拒否したら無理には渡さないでください。
しかし、通常の宿なら、通常の宿泊時は不要ですが、基本では部屋食でないのに、部屋で夕食を食べるようにしてもらったとか、食事時間を特別に時間外に変更してもらったとか、特別な手配をしてもらった場合は、部屋へ案内してもらったときに仲居さんへ払ったほうがいいです。
泊まってみて料金に比べて特別にサービスがよかったとか、部屋がすばらしかったとか、温泉がよかったとか、料理がよかったとかで、感動したなら、部屋を出るときに簡単なメモとともに枕元にチップを置くといいでしょう。
逆に、あなたが宿泊中に宿の物を壊したとか、汚してしまったとかなら、被害額を請求されるのが基本ですが、宿側が「もういいですよ」と言う場合も多いです。そんな時は多目のチップを置きましょう。