旅行やドライブが多くなり、またエアコンの使用により、ガソ リン代がかさむ季節には、少しでもガソリン代を安く済ませたいものです。
ということで、ガソリン代を少しでも浮かすための方法をいくつかご紹 介します。

【ガソリンを入れる場所】
必ずガソリンは観光地では入れずに、必ず出発地点の地元で入れるよう にしましょう。
観光地ではガソリン代は比較的高く設定されています。
特に価格表示が出ていないガソリンスタンドの場合、車にあるナンバー プレートを見て、それが地元でないと分かると、割高でガソリンを給油 します。
また観光地でどうしてもガソリンを入れる場合はセルフのガソ リンスタンドを利用することをお勧めします。

【Quoカードでガソリンを入れる】
一部のガソリンスタンドでは、Quoカードでの代金支払いが可能になっ ています。
Quoカードであれば、金券ショップなどで額面より割引されて販売されているので、通常より安く給油することができます。

【高速道路でトラックを探す】
高速道路を走行中であれば、できるだけ大型のトラックの後ろを走るよ うにすれば、空気抵抗が少なくなり、無駄なパワーを使いません。
空気の抵抗はかなり大きいもので、特に高速道路ではその力は大きく、 燃費に影響を与えます。
競輪やマラソンでも、風の抵抗を気にして、わざと2番手につけたりするのはそのような理由のためです。
とにかく高速道路であれば、できるだけ長方形の大きめなトラックを見つけて、その後ろを走るようにしましょう。
※車間距離を取らずにトラックの後ろにつけると危険です。
また視界が不良になるため、運転には十分に気をつけるようにしましょう。

【タイヤの空気圧を多めにする】
高速道路に乗る前に、タイヤの空気圧を十分に入れておきましょう。
また普通の空気圧より10%~15%多めに空気を入れておけば、燃費 向上が期待できます。
走行距離100kmで3kmくらい多めに走れます。

【エアコンを使わない】
夏場には定番のエアコン。
しかしエアコンを付けることにより、燃費は 10%悪化すると言われています。
ただ単純にエアコンを使わないよう にするだけで無駄なガソリン消費を防ぐことができます。