下駄箱の湿気取りには、新聞紙を敷いてそこに靴を置くようにすると効果的です。
下駄箱の湿気は、靴の中よりも雨の日などに靴底につく水分が原因です。
そのため、雨の日に濡れた靴をそのまま乾かすことなく下駄箱に入れてしまうと、下駄箱全体に湿気がこもってしまうのです。
特に革靴の場合は、下駄箱の湿気が原因でカビが生えてしまうこともあります。
ですから、下駄箱の湿気取りとして、靴底には必ず新聞紙があるようにすると効果的です。

ただし、新聞紙を敷いても何ヶ月間も同じ新聞紙で、その新聞紙の湿気自体がカビの原因になる危険性もあります。
下駄箱に入れた新聞紙は、小まめに取り替えるよう心がけましょう。