角の無い丸いお箸でトマト全体をこすります。(片手でトマトを持ちもう一方の手でお箸を持ちナイフで剥く様にします)全体がこすれたらトマトのてっぺんをお箸で突き刺し穴をあけます。穴開けた方を上にして両手で静か~に皮と果肉を(割るような感じで)はずします。これは、ペクチンの働きを弱らせているのだそうです。ペクチンは接着剤の様な働きを持つ成分で皮と果肉の間にありますお箸でこすることによりペクチンの細胞を壊して皮と果肉の隙間を作っているらしいです。