浮き輪などの空気を抜く作業は結構たいへんですよね。
そんな時には、浮き輪の空気弁を手でつまみながら、水の中に入れると、みるみる空気が抜けていきます。
これは水圧が浮き輪にかかり、中の空気が押し出される原理です。
これなら簡単に空気が抜けますね。